• お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
  • 03-6811-7415
  • 平日 9:00〜18:00 土日祝 休
【許可事例】外国人がホテルで働くビザ

みなさんこんにちは、国際案件特化司法書士行政書士の成木です。

 

今日は、非常に多いケースで、外国人がホテルで働くために、技術・人文知識・国際業務の在留資格を取得する際の許可事例をご紹介します。

 

お察しの通り、許可事例があるので、次回は不許可事例について触れるつもりです。

 

 

さて、外国人をホテルで雇いたいけれども、ビザ申請をどうやればいいのかわからない。ただ書類を集めればいいのではないのかと考えていらっしゃる方も多いはずです。

 

ですが、結論から言うと、技術・人文知識・国際業務の在留資格を取得する場合は、単純労働だけを行うものとして入管に申請をすると100%不許可になります。なので、入管に対して具体的に何の仕事をさせるのか?どういう仕事をさせるのか?給与はいくらか等を説明し、納得させなければなりません

 

なぜなら、技術・人文知識・国際業務は特定の技術や知識、外国人が育った環境・文化的背景をもっていないと行うことができない業務に対して出される在留資格だからです。

 

とするならば、どういったケースで許可が出ているのでしょうか?

具体的には、以下のような状況で技術・人文知識・国際業務の在留資格の申請をした外国人が許可を受けています。

 

≪許可事例≫

① 本国において大学の観光学科を卒業した者が,外国人観光客が多く利用する本邦のホ テルとの契約に基づき,月額約22万円の報酬を受けて,外国語を用いたフロント業務, 外国人観光客担当としてのホテル内の施設案内業務等に従事するもの

 

② 本国において大学を卒業した者が,本国からの観光客が多く利用する本邦の旅館との 契約に基づき,月額約20万円の報酬を受けて,集客拡大のための本国旅行会社との交 渉に当たっての通訳・翻訳業務,従業員に対する外国語指導の業務等に従事するもの

 

③ 本邦において経済学を専攻して大学を卒業した者が,本邦の空港に隣接するホテルと の契約に基づき,月額約25万円の報酬を受けて,集客拡大のためのマーケティングリ サーチ,外国人観光客向けの宣伝媒体(ホームページなど)作成などの広報業務等に従 事するもの

④ 本邦において経営学を専攻して大学を卒業した者が,外国人観光客が多く利用する本 邦のホテルとの契約に基づき総合職(幹部候補生)として採用された後,2か月間の座 学を中心とした研修及び4か月間のフロントやレストランでの接客研修を経て,月額約 30万円の報酬を受けて,外国語を用いたフロント業務,外国人観光客からの要望対応, 宿泊プランの企画立案業務等に従事するもの

⑤ 本邦の専門学校において日本語の翻訳・通訳コースを専攻して卒業し,専門士の称号 を付与された者が,外国人観光客が多く利用する本邦の旅館において月額約20万円の 報酬を受けて,フロントでの外国語を用いた案内,外国語版ホームペ-ジの作成,館内 案内の多言語表示への対応のための翻訳等の業務等に従事するもの

 

⑥ 本邦の専門学校においてホテルサービスやビジネス実務を専攻し,専門士の称号を付 与された者が,宿泊客の多くを外国人が占めているホテルにおいて,修得した知識を活 かしてのフロント業務や,宿泊プランの企画立案等の業務に従事するもの

 

⑦ 海外のホテル・レストランにおいてマネジメント業務に10年間従事していた者が, 国際的に知名度の高い本邦のホテルとの契約に基づき,月額60万円の報酬を受けてレ ストランのコンセプトデザイン,宣伝・広報に係る業務に従事するもの

 

許可事例を見てみると、①専門の教育を受けた又は長く経験を積んだ外国人で、②日本人と同等の報酬を受け取っており、③専門知識や経験を活かした業務に従事していますね。

 

 

確かに、純粋に人手不足で、誰でもいいから単純労働を低賃金でやってほしいという雇い主は多いはずです。

 

ですが、外国人を雇う場合、目的をもって雇用することが大前提で、雇用する理由もきちんと説明できなければいけません。ただ必要書類を揃えればいいと考えている人もいるがそうではないのです。

 

せっかく時間をかけて書類を作成したのに不許可になってしまい、採用コストだけかかってしまったということにならないように注意しましょう。

 

ではでは、あまり細かい話をすると混乱してしまうので、ここまでにしておきたいと思います。

 

許可があれば不許可もある。では、不許可になった事例はどういうものなのか?を次回触れていきます!

次回もお楽しみに^^

 

 

筆者 司法書士行政書士リーガルキューブ 代表成木浩太郎

東京都千代田区内神田一丁目15番6号 和光ビル6階
> Wako Bldg.6F,1-15-6 Uchikanda, Chiyoda-ku,Tokyo,101-0047
> TEL:03-6811-7415
> FAX:03-6811-7416
> Mail:nariki@legalcube.jp
> Web:http://legalcube.jp/

 

日々自分にとって楽しく、紹介者やお客さんも得するにはどうすればいいかを探求しています

Archive

Category

お電話でのご予約・お問い合わせ
  • お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
  • 03-6811-7415
  • 平日 9:00〜18:00 土日祝 休
2019 © LEGAL CUBE.