• お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
  • 03-6811-7415
  • 平日 9:00〜18:00 土日祝 休
国際相続
国際相続 Inheritance

外国人の方が日本で亡くなられた。日本人の方が外国で亡くなられた。相続人が外国人。相続人が外国に住んでいる。海外に相続財産がある。という場合、相続の難易度は飛躍的に上がります。国をまたぐ法律問題が発生した場合、まずどの国の法律を使用すれば良いのか調査しなければなりませんが、これだけで頭をかかえてしまうのではないでしょうか。つまり、国際相続で参照すべき法律は、日本の法律でない可能性があります。

他の疑問点としては、他国の法律において、誰が相続人で、どのくらいの割合で相続するのでしょうか。遺産分割協議という制度がない国もあるのです。

弊社では、上記のような難事件についても多数処理した経験を有しておりますので、クライアント様の負担を減らし、迅速に複雑な国際相続手続きを解決いたします。

国際税務に精通した税理士の方等のご紹介も可能です。問題点を検討し、必要であれば、他の専門家と協力し、お客様のサポートをいたします。

外国人の遺言 Testament

外国籍の方が日本に財産を有している場合で相続が発生したケースでは、準拠法を調査し、相続人を確定させ、書類を整え、翻訳をする等々非常に多くのハードルを乗り越えなければなりません。

しかし、遺言を残しておけば、そのハードルはグッと下がります。なぜなら、遺言で相続人を指定しておけば準拠法に関わらず、指定された方が財産を相続・遺贈することになるからです。もう一つのメリットは、相続人が指定されていて、遺言があれば、多くの手続きにおいて他の相続人の書類を集める必要がなくなるという点があります。というのも、相続人が指定されていれば、他の相続人が相続・遺贈をするという可能性はなく、書類で証明する必要がないからです。

外国籍の方で日本の不動産等ある程度大きな財産を有しているけれども、子供がいない。個々の財産を継がせる相続人を指定したい等のご希望がある場合には、遺言を作成されることを強くお勧めします。

お電話でのご予約・お問い合わせ
  • お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
  • 03-6811-7415
  • 平日 9:00〜18:00 土日祝 休
2019 © LEGAL CUBE.