Stamp(seal) culture in Japan. 日本のハンコ文化。


In Japan, instead of a signature, a stamp engraved the name of an individual or a corporation is used. It’s called a “hanko (seal)”. Jpanese usually use different kind of Hanko according to the usage. For instance, for “Certificate” used to receive mail, or for”Bank Mark” used to open a bank account.

日本ではサインの変わりに「ハンコ(印鑑)」という、個人または法人の名前が刻印されたスタンプを使用します。日本人は通常いくつかの種類のハンコを用途に応じて使い分けます。例えば、郵便の受け取りで使用する「認印」、銀行や証券会社で口座を開設するときに使用する「銀行印」です。

 

When you set up a company, you must register the company’s seal to the Legal Affairs Bureau. The company seal is used in contracts or registration application as proof of business execution of the corporate representative. In addition to it, you can obtain a certificate of the company seal at the Legal Affairs Bureau.

会社をつくる際は、会社の実印を法務局に登録しなければいけません。会社代表者の業務執行の証明として、契約書や登記申請に会社実印が使用されます。また、法務局で会社実印の証明書を取得できます。