What is Godo Gaisha(GK company)合同会社とは?

 

Godo Kaisha (GK company) is similar to LLC in other countries. However, GK may not apply Pass-through taxation system. In Godo Kaisha (GK company), the manager and the investor are basically the same persons, and all investors’ liability is limited within the amount of investment. In principle, the investor(owner) become the manager in GK. Because of the reason, GK can be operated more flexibly.

合同会社は他国でいうところのLLCと似ています。しかし、合同会社では、パススルー課税が適用されません。合同会社とは、経営者と出資者が基本的に同一であり、出資者全員が有限責任社員であるという2つの特徴があります。原則として、合同会社では「出資者=会社の経営者」です。会社の所有者(出資者)と経営者が同一となるため、より柔軟な経営を行いやすくなります。

 


☆Merits of GK

・Establishment cost is cheaper than KK

 For KK incorporation, the minimum payment for registration is almost 212000 yen (including notarization of articles of incorporation). But, GK incorporation registration can be done with 60000 yen (You don’t need to get notarization of articles of incorporation).

・Ratio of investors’ dividend can be determined freely under the agreement of all investors.

・GK doesn’t have the obligation of publication of the financial statement.

☆合同会社のメリット

・設立にかかるコストが株式会社より安い

株式会社の設立登記の場合、およそ212000円のコストがかかります。(定款認証含む)

しかし、合同会社の設立登記は60000円で済みます。(公証人の定款認証の必要はありません)

・出資者全員の合意のうえで、利益の配分を自由に決めることができます。

・決算の公表義務がありません。

 


☆Demerits of GK

・Less credibility than KK company because GK doesn’t have the idea of “Separation of ownership and management”

・The capital may decrease due to the retirement of employees.

☆合同会社のデメリット

・合同会社には「所有と経営の分離」という概念がないため、株式会社より信用性が劣る。

・社員の退社によって、会社の資本金が減少する場合がある